An Accountantタイトル

公認会計士試験の学習方法

学習方法として大きく分けると、自分で勉強する独学による学習法と予備校や資格学校、通信講座を受ける学習方法の2つに分かれます。
本や参考書を使っての独学は可能かというと公認会計士は難関の試験なので、独学で合格することは厳しいのが現状だと思います。
試験科目が経済分野と法律分野になっていることが独学で合格するのに苦しいと思います。
現在、予備校などに受験のノウハウが蓄積されているので、そういったノウハウを知ることができない独学だとそれだけで十分なハンディになります。
独学での合格が不可能とは言いませんが、独学だと効率が悪くなるし、早期合格を目指す場合は特に独学は避けて、予備校や通信講座を利用したほうが良いといえます。


独学を選ぶ場合でも答案練習会や模擬試験には積極的に参加するようにしましょう。
独学していると途中で挫折し易いので、勉強が継続し難いことが欠点で、特に意思の弱い人は予備校や資格学校に通学するのが一番良いと思います。
予備校に通うことで、心理的に半強制的に勉強を続けさせられる環境が生まれるのですが、予備校や通信講座を受ければ必ず合格するというわけではないので、予備校に行ったり、通信講座を受けたりなどただ講義を聴いているだけでは意味がありません。
講義を聴いてマスターすることによって、はじめて講義を受けた意味があるのです。
与えられたものだけ勉強する受身の姿勢では内容を理解してもマスターすることはできないと思います。
予習や復習などの自主学習を積極的に行い、時間が限られている人は予習よりも復習に力を入れて勉強した方が良いと思います。 復習しないで次の講義を受けるのは避けたいので独学にしろ、予備校にしろ、通信講座にしろ、目的意識を持って、集中して勉強を行い、努力を積み重ねることが大事だと思います。

 

公認会計士の予備校・資格学校・通信講座

資格試験では予備校や通信教育が非常に発達しているといえます。
資格試験の受験対策だけ専門に行っているので膨大なノウハウを蓄積することができるのです。
公認会計士も例外ではなく、平成18年からの新公認会計士試験になってもそのノウハウは利用することができると思います。
今までのデータやノウハウを基に公認会計士・監査審査会の発表などを分析して、新試験の内容を予測する対策を講義に反映していると思います。
個人で独学をしていると新試験の傾向を分析していくのは難しいと思います。
予備校や資格学校は複数存在するので、扱う資格も豊富なので試験に対する対策も色々あると思います。
予備校の多くは通信講座を使用している所が多く、予備校の講義をビデオやDVDに録画していたり、カセットテープやMDに録音したものを使用して通信講座を行っています。
通信講座の場合、DVD、ビデオ、カセットテープ、MDと板書をプリントした物が送られてきて、それを聴いたり見たりしながら自分で勉強する方法になります。
それに通信講座を専門に行っている学校もあります。

また、税理士試験早期合格を目指す場合は特に独学するのを避け、予備校や通信教育をうまく利用する方が良いと思います。公認会計士と同じく試験をパスしなければ税理士になることができません。独学で税理士を目指すのも良いのですが、出題の傾向や実際の試験の状況など予備校等に通っていなければ得られない情報もあるため税理士への近道と言えます。また予備校等で共に頑張った仲間同士税理士に合格すれば、仲間同士で情報を共有したり顧客の紹介をしたり一緒に事務所を開いたりと、税理士同士のつながりも作ることができます。独学よりは、プラスの面が大きいでしょう。

pickup



2019/6/14 更新

 

An Accountantトップバー