An Accountantタイトル

公認会計士の試験の試験科目と合格基準

 

択一試験

択一試験の科目は、企業法、監査論、管理会計論、財務会計論です。
財務会計論は試験時間が180分で、200点満点です。
その他の科目は試験時間が90分で100点満点です。
企業法とは、商法のことで、企業法の正確な範囲について、公認会計士・監査審査会などのホームページを見ると知ることができます。

 

論文試験

論文試験には必須科目と選択科目があり、監査論、租税法、会計学、企業法などが必須科目になっています。
選択科目は経営学、経済学、民法、統計学の4科目になっており、この中から1科目選択して試験を行います。
試験時間は2時間で100点満点となっていて、会計学だけ試験時間が5時間あり、300点満点となっております。

 

合格基準

短答式試験の合格基準は公認会計士・監査審査会が認めた、総点数の70%となっています。
ただし、1科目につき、その満点の40%に満たないものがある場合は不合格になることもあるそうです。
論文式試験の合格基準は公認会計士・監査審査会が認めた、総点数の60%となっています。
ただし、1科目につき、その満点の40%に満たないものがある場合は不合格になることもあります。
詳しいことは公認会計士・監査審査会などのホームページを見るようにしてください。

 

 

公認会計士の試験のレベル

公認会計士試験は難関試験なので合格するのは簡単ではありません。
しかし、新試験が導入されることによって、以前より取得することが易しくなったと思います。
新公認会計士試験は短答試験免除制度があるので一度短答式試験に合格すると2年間短答式試験を受けなくて済みます。
2年間という限定付ではありますが、短答式試験に合格すると論文式試験に集中することができるのです。
論文式試験も期限付きではありますが、科目別合格制があり、2年間合格した科目について試験を免除されるのです。
この新しい2つ制の度によって、公認会計士試験を取得するのが楽になったので、合格する可能性が高まったと思います。
近年、合格者も増えてきているので難しいからといって諦めてしまうのもどうかと思います。
参考として、過去数年の一次試験(短答式試験)と二次試験(論文式試験)の受験者数と合格者数、合格率など紹介します。
平成18年度から新試験に移行しますが、公認会計士試験の難易度を知る意味で参考になると思います。

[平成15年] 受験者数14,978 
一次合格者3,404 二次合格者1,262 合格率8.4%

[平成16年] 受験者数16,310 
一次合格者3,237 二次合格者1,378 合格率8.4%

[平成17年] 受験者数15,322
  一次合格者3,510 二次合格者1,308 合格率8.5%

[平成18年] 受験者数20,796
  一次合格者5,132 二次合格者3,108 合格率14.9%

[平成19年] 受験者数20,926
  一次合格者6,321 二次合格者4,041 合格率19.3%

平成18年から急に受験者数が増えており、それに合格率も14%もあり、前年の平成17年に比べると6%も合格率が上がっているのがわかります。
新試験制度のおかげで平成18年から合格率が上がっていることがわかるので、これからも合格率が上がって行くと思われます。

check


中古医療機器



Last update:2019/6/14

An Accountantトップバー