An Accountantタイトル

公認会計士 予備校・資格学校・通信講座の費用

全ての科目を受講した場合、約60万から70万円ぐらいの費用が掛かると思います。
金銭的に厳しい場合は、科目別に受講したり、短答式の科目だけを受けたりする選択肢もあると思います。
公認会計士試験は会計学のウエイトが高いので、会計学だけでも受講しておきたいところです。
予備校によっては価格に多少の差があるので比較してみると良いと思います。
各予備校や通信講座には各種割引が用意されている場合もあるので、各種割引を利用するのも良い方法だと思います。
予備校の講義や通信講座ではテキストを使用するのが中心になると思いますが、テキスト代は受講料に含まれていないところが多いので、別途テキスト代が掛かることを頭に入れておいてください。
答案練習会を追加で受講したり、苦手科目を克服する講義を受けたりすると、更に費用が掛かります。
初学者が予備校をフルに利用すると合格するのに70万円以上掛かると思います。
高いと思う人が多いと思いますが、予備校が発達した現在では、資格を取得するにある程度の費用が掛かるのが現状であります。 予備校の割引以外にも費用を少なくする方法があり、雇用保険に加入している人なら教育訓練給付という公的な給付を受けることも可能であります。
どうしてもお金が足りない人は予備校などの講義は受けないで独学で勉強し、答案練習会や模擬試験だけ受けるようにして費用の負担を減らすことも出来ます。

 

公認会計士 模擬試験・答案練習会

一部予備校では試験前などに模擬試験や答案練習会が行われます。
予備校に通っている人や通信講座を受けている人はもちろん、独学で学習している人も、本番に備えて模擬試験などを受けた方が良いと思います。
資格試験の勉強では、知識を頭の中に入れるインプットも重要になりますが、知識を答案に表現するアウトプットも重要なのです。 最初は知識があっても、その知識を活かすことができないことがよくあるので、アウトプットの能力を訓練すれば知識を活かすことができるので、訓練して慣れることが重要です。
その訓練の機会が模擬試験と答案練習会になるので、その機会を逃さずに答案練習会や模擬試験に積極的に参加するようにしましょう。

 

模擬試験と答案練習会について

模擬試験とは文字通り、本番を模した試験なので、本番に近い形で問題を解くことでき、アウトプットの訓練にもなります。
本番の雰囲気や問題に慣れることもできるので、自分の実力を試せるので参加してください。
模擬試験のメリットはアウトプットの能力の訓練だけでなく、本試験の予想問題が出題され、実際に模擬試験の問題と似た問題が本番で出ることもあるので受けるようにしましょう。
模擬試験で既に解いている人はかなりの確立で正解することができるので、模擬試験を受けている人と模擬試験を受けていない人ではかなり差がでてくると思います。
模試によっては成績表や順位、得点分布と合格圏を示したグラフなどが配られるので、自分の現状を知ることができます。
模擬試験は自宅でも受験することができるので時間の都合状、試験会場に行けない場合でも受けるようにしましょう。
模擬試験は受けるのも大切ですが、受けたあとが肝心です。
模擬試験や答案練習会など受けっぱなしでは意味があないので、解説が配らるので解説と問題を照らし合わせてじっくり復習するようにしましょう。
復習をしないと模擬試験を受ける意味は半減します。
模試で間違えた問題を本番でも間違えたら模試を受けた意味がありません。
答案練習会とは文字通り、答案を練習する講座なので最新の問題を解いて解説を聞くことによってアウトプットの能力を高めるとともに足りない知識を補うことができます。
それに答案練習会は「答練」と略され、何回も受けていくといつも間違う分野や自分の苦手とする分野が判ってきます。
これも答練を受けるメリットで、苦手分野を集中的に勉強することによって勉強の効率化ができるのです。
このように模擬試験や答案練習会にはメリットがたくさんあり、独学だとインプットはできるのですが、アウトプットの能力が不足してしまうので、独学で勉強している人も模擬試験など積極的に受けたほうが良いといえます。
模擬試験や答案練習会の情報は各予備校や資格学校のホームページや書店などにあるパンフレットで知ることが出来ます。

Favorite

脱毛 長崎
http://www.datsumohikaku.com/nagasaki/

最終更新日:2015/5/21

 

An Accountantトップバー