An Accountantタイトル

公認会計士 講座の選び方

予備校の講座の取り方についても簡単に説明します。
新公認会計士試験では短答式試験の免除制度ができ、それに科目別合格制が導入されました。
いずれも2年間という期限付きになりますが、1年間で全ての科目に合格しないといけなかったよりもはるかに楽になったと思います。
短答式試験の免除制度と科目別合格制度は全ての受験生に対等に適用されるので、誰が有利で誰が不利といったことではないのです。
しかし、この二つの制度をうまく利用できるかということで、差がついてくることには間違いないと思います。
自分の実力、時間的余裕、持続力などを考えて、何年で受かるか計画を立て、その計画に応じて勉強したり、講座を受けたりするのが重要になってくると思います。
一番長くて、3年計画で最終合格することが可能になったので、いろいろなパターンが存在すると思います。
例えば、初年度は短答式科目に力を入れて、他は軽く流すという作戦を考え、とにかく短答式に合格してしまおうというのが目的であります。
その場合、会計論(会計学)、監査論、企業法という短答科目にウェイトをおいている講座を受けるのが一番良いと思います。
1年で最終合格したい場合には、全ての科目をしっかりと学べるコースを受講するのが良いと思います。
ただし、短期間で最終合格を目指そうとするあまりに無理をしてしまうのはよくありません。
自分の身体のことを考えずに無理に短期合格を目指すのはとてもリスクがあります。
短い期間で合格しようとすれと講座の密度も濃くなりますし、ハードな勉強が必要になってきます。
仕事をしている社会人の場合は特に無理をすることが多いのですが、無理して講座を受けすぎたりすると息切れして、講義についていけなくなります。
残業の有無なども考慮に入れながら、ゆとりのあるスケジュールで講座を受けるようにしましょう。
予習と復習に十分時間が取れるように無理のないスケジュールを組むのが大事だと思います。
予備校の講座は、短答合格コース、論文合格コース、1年合格コース、2年合格コースなどというように目的別に分かれているので、何年で合格するか、択一合格を優先するのかなど決めてから自分の目標にあった講座を選ぶようするのが良いと思います。
答案練習会や模擬試験などがコースに含まれていることもポイントになります。
ただし、答案練習会は必要に応じて、その度受講するのも良いといえます。
それに現時点での自分の実力を把握することも大切であります。
入門コースや上級コースなど分かれている場合は、自分の実力に応じてコースを選択することも可能です。
初学者の場合、無理をしないで入門コースを選ぶのが良いといえます。
自分の実力を把握するという意味でもう一つ大切なのが、簿記能力で、会計学のうちの財務会計論の中身は簿記と財務諸表論になっています。
「簿財」と略されることもある簿記論と財務諸表論を学ぶときに講座によって、日商簿記の学習経験が必要とされるものもあり、日商簿記レベルからじっくり教えてくれる講座も存在します。
簿記学習未経験者は初歩からじっくり学びたいと思うし、簿記学習経験者は初歩的なことは飛ばしたいと思うでしょう。
講座によっては日商簿記3級レベルとか日商簿記2級レベルと明記されているものもあるので選ぶポイントにもなると思います。
司法試験合格者、不動産鑑定士合格者、税理士合格者などは一部受験科目が免除されますが、予備校によってはこれらの人たち向けのコースも用意されており、コースやパックなどではなく、科目ごとに受講することができるのです。
論文式試験で科目合格をした場合は残りの科目だけに集中して勉強するればいいので、科目別に講座を受講することになると思います。
どの講座を受けたらよいのか分からない場合は、自分で悩まないで窓口や電話などで相談してみるのも良いと思います。
大抵の予備校では丁寧に個別応対をして分かりやすく説明してくれます。
しない場合はその予備校は止しましょう。

recommend

2019/2/15 更新

 

An Accountantトップバー